平日ランチの後に取引先から打ち合わせの連絡が!

平日ランチの後に取引先から打ち合わせの連絡が!

ニンニク料理を食べたばかりなんだけど・・・・。

 

ニンニクの臭いや口臭を消すために何かいい方法はあるのでしょうか?ニンニク料理は美味しいしパワーの源にもなりますよね。ニンニクに含まれる物質「アリシン」には殺菌や風邪のウイルスなどに効果を発揮してくれるため、健康のためにも良い食べ物なんです。ただあの臭いだけは困りもの。

 

その対策として有効なのは牛乳などの乳製品、またはリンゴやレモンなどの果物、梅干などを食べることです。これらの食物に含まれるタンパク質やビタミンB1には、アリシンと結合して臭いを出しにくくする働きがあるためです。
また、粉状の緑茶にも消臭効果があると言われています。お茶の粉をそのまま口の中にこすりつけることで、ある程度口臭を消すことが可能なようです。食べ物から発せられた臭いは、食べ物で消すという方法がいいということですね。いざというときには実践してみたいものです。

 

ただしこれはあくまでも応急処置であり、根本的な解決ではありません。大切な用事の前などには、臭いの強いものを食べるのはやはり避けたほうが賢明でしょう。ニンニクの臭成分は長時間持続することで知られています。仕事の打ち合わせやデートがある場合には、少なくともその24時間以内は食べるのを控えておいたほうがいいでしょうね。

 

便秘を解消して、スムーズに排便するためには、便意が起こらなくてはいけません。常習性の便秘の人は、この便意が起こらないことが問題になります。

 

まず、食べ物が入ってくると胃壁が伸びて、反射的に直腸が動き出します。これを「胃・結腸反射」といいます。特に朝、空っぽの胃に食べ物が入った時に起こる現象です。

 

腸が動き出して、直腸に一定量の便がたまると腸壁が刺激されます。これを「直腸反射」といいます。直腸反射が起こると、その信号が脊髄を通じて脳に伝わり、ここで初めて便意が起こります。

 

便意があったあと、脳は「我慢する」か「いきんで排便する」かの選択をし、排泄する場合は、腸のまわりの筋肉や神経に指令が出されることになります。便意が起こっても我慢し続けたり、下剤などを使って無理やり便意を引き起こすことを繰り返していると、自然な便意が起こりにくくなってしまいます。腸の自然な働きも妨げることになるので、、直腸の動きも次第に鈍くなり、便が溜まっても脳に信号が出なくなってしまうのです。

 

すると当然ですが、便意を感じなくなってしまい、便秘がさらに悪化するという悪循環を生んでしまいます。